松阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください!

交通事故被害相談@松阪市

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

交通事故で自動車が破損した場合の時価額の計算

1 自動車の破損についての交通事故加害者の責任

交通事故によって自動車が破損した場合,加害者側が被害車両の修理費を負担しなければなりません。

しかし,修理費が事故時点における被害車両の時価額を超過していた場合(いわゆる「経済的全損」)においては,加害者は時価額までしか法的な賠償責任を負いません。

2 レッドブック

時価額の絶対的な算定方法はありませんが,オートガイド自動車価格月報(いわゆる「レッドブック」)に記載された金額に,走行距離に応じた減算をした価額が提示されるのが一般的です(当然のことながら,走行距離が多いほど消耗が大きいと言えることから,減額の幅が大きくなります)。

レッドブックでなく,中古車情報誌や中古車販売サイトに記載された同グレードの車両の販売価格を参考にすることもあります。

3 レッドブック等に記載されていない場合

レッドブックや中古車情報誌に掲載されていないほど古い車両や市場流通性のない車両については,クラシックカーとして評価される場合は,それなりの金額が認定されることになります。

もっとも,そのような場合はほとんどなく,通常は,新車価格の何割とか,税法上の減価償却とかで対処することになり,非常に低い金額しか認定されないことが多いです。

4 改造車の場合

改造車については,その改造によって市場価値が向上したと認められる場合には,通常の相場以上の時価が認められます。

ただ,ごく一部の愛好家の間でしか価値の向上が認識し得ない場合は,一般人には通用しません。

そのため,市場価値の向上が認められることはあまりなく,改造に要した費用が戻ってこないことがほとんどです。

5 時価額についてどこまで争うか

時価額をいくらと計算するかで加害者側と被害者側とで見解が食い違うことが多々あるほか,その時価額では同グレードの車両を購入するには足りないことがほとんどであるため,揉めやすい問題の1つにあげられます。

保険会社・共済側も,限られた人員で交通事故の対応をしていることから,時価に関する紛争に時間をとられて,他の対応に支障が出るようなことを防ぐ観点から,一定額であれば前記算定方法によって導き出される上の時価を認めてくることもあります。

そのような場合は,裁判によって争うとかえって獲得金額が少なることもあるため,どこまで主張を押し通していくかは慎重に見極めた方がよいでしょう。

6 対物超過修理特約

なお,近年では,時価に関連するトラブルを回避するため,修理費が時価を超過していても修理費を支払う旨の特約(いわゆる「対物超過修理特約」)も販売されています。

ただし,前述のとおり,加害者側は時価額までしか法的責任を負わないので,対物超過修理特約を使うかどうかを決めるのは,あくまで加害者側です。

7 時価額やその他の交通事故の問題でお困りの方へ

弁護士法人心は,交通事故に力を入れており,多数と案件を取り扱っております。

松阪近辺の方で,時価額やその他の交通事故の問題でお困りの際には,弁護士法人心松阪駅法律事務所までご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

こちらのページは,弁護士法人心の法人概要のページです。

当法人は,松阪駅法律事務所の他にも多数の法律事務所を,東海三県を中心に展開しております。

当法人は任意整理や破産,会社設立などの様々な案件に対応することができ,個人のお客様から法人のお客様まで,広くご相談いただいております。

当法人が得意としている分野うちの一つが,交通事故です。

交通事故の案件では,訴訟以外にも保険会社との示談交渉や,後遺障害が残った場合にはその等級認定などが関わってくるため,それらにも対応することができる高い専門性が必要です。

当法人の弁護士は,それぞれ担当分野を持っており,その分野の案件を多く取り扱うことにより経験を積んでおります。

加えて,経験だけでなく新たな知識もしっかりと得るため,外部研修などへの参加によって交通事故に関する最新の情報を入手し,内部研修によりそれを共有しております。

また,当法人には長年後遺障害の認定に深く携わってきた経験をもつスタッフなども所属しており,一丸となって依頼者様が適切な等級認定を受けられるよう努めております。

スタッフ一同全力でサポートさせていただきますので,松阪市やその周辺で交通事故の被害に遭われた方は,ぜひ松阪駅法律事務所までご相談ください。

交通事故のお悩みは弁護士まで

お気軽にご相談ください

交通事故に遭われた場合,どうすればいいのか,この先どうなるのか不安に思われることが多いかと思います。

交通事故に遭われ,先々が不安な方は,一度弁護士に相談されることをお勧めします。

弁護士法人心では,交通事故の相談は原則無料です。

不安なこと,心配なことをお気軽にご相談ください。

また,ご自宅が遠い場合は,お電話でのご相談も受け付けています。

また,ご加入されている保険会社で,弁護士費用特約が付いている場合は,保険会社が弁護士費用を負担してくれるので,ご本人様の負担はほとんどありません。

まずはお気軽に当法人のフリーダイヤルにご連絡ください。

弁護士に依頼するメリットと弁護士の探し方

相手方保険会社は,交通事故の慰謝料について,金額が低い自賠責保険基準をもとに,慰謝料等の賠償金を提示してくることが多いです。

しかし,弁護士が介入すると,金額が高い裁判所の基準をもとに交渉することが可能なため,提示される賠償金の金額は弁護士に依頼した方が,金額が上がる場合がほとんどです。

では,どんな弁護士事務所に相談すればより金額が上がるでしょうか。

個人事務所の方が親身になってくれると考える人も多いかと思います。

しかし,事務所の規模よりも,交通事故を得意としている弁護士が対応してくれるかどうかが重要となってきます。

交通事故解決実績が多く,交通事故を得意としている弁護士が在籍していると,様々な交通事故の状況に応じて,適切に対応してくれます。

弁護士法人心は,交通事故を中心に取り扱う弁護士が相談にのらせていただきます。

お客様の不安なお気持ちを解消できるように努めさせていただきます。

交通事故に遭った方も,また,身近な方が交通事故に巻き込まれた方も,不安なお気持ちがあれば当法人にご相談ください。

事務所は,松阪駅のロータリーの目の前にあり,交通の便も大変よいです。

ご来所でのご相談の際にもお気軽にお立ち寄りいただけます。

お問合せ・アクセス・地図へ