『刑事事件』の相談なら【弁護士法人心 津法律事務所】

刑事事件三重

弁護士法人心が選ばれる理由

1刑事事件は【初動】が命!弁護士法人心の新規のご相談の受付は、平日午後9時まで、土日は午後6時まで可能です!

刑事事件は、初動がとにかく大切であり、初動に失敗すると取り返しがつかないこともあります。

刑事事件を起こしてしまった場合や捜査の対象となってしまった場合、事実を認めるにしても、否定するにしても、初期対応に失敗すれば、身体拘束(逮捕など)をされてしまったり、被害者が怒って示談できない事態になったり、マスコミに報道されてしまったり、有利な証拠が散逸してしまい、結果的に重い刑になったりするなど多くの不利益が生じます。

そのため、弁護士法人心では、

「平日:午前9時から午後9時まで」

「土日:午前9時から午後6時まで」

フリーダイヤルにて新規の刑事弁護のご相談を受け付けております。

そして、できる限り当日中のご相談ができるように努めております。

2【示談の成立】が重要!刑事事件を集中的に扱う弁護士が蓄積したノウハウを駆使して、早期解決を目指します!

刑事事件が警察に発覚する前でも、逮捕されていなくても、あるいは逮捕された後であっても、一般的には示談交渉は速やかに着手すべきです。

被害者のいる犯罪では、示談の成立の可否が、身体拘束からの早期解放や不起訴処分などの軽い処分を獲得する上で決定的に重要となります。

弁護士法人心では、被害感情に配慮しつつも、熱意を持って、迅速に示談交渉に臨みます。

実際の示談交渉の方法はケースバイケースですが、刑事事件を集中的に扱い、示談交渉も数多く成立させてきた弁護士が、その経験やノウハウを活かして示談成立に向けて活動します。

3【早く家に帰りたい!】あらゆる手段で、1日でも早くご家族の元に帰れるよう最善の手段を最速で行うことを目指します。

刑事事件、特に身体拘束をされた身柄事件では、1日でも早く元の生活に戻れるようにすることが一つの大きな目標です。

そのためには、検察庁や裁判所の処分に対し、素早く適切な対応を取ることが必要です。

勾留や勾留延長に対する準抗告や保釈申請など法律上の手続も重要ですが、検察官や裁判官に事実上の交渉をしていくことも重要です。

そのためには、刑事事件の手続きの知識だけではなく、実務上の経験や交渉力、事件の見通しを正確に立てることなどが弁護士に求められます。

弁護士法人心では、刑事事件を集中的に扱う弁護士が在籍しているため、刑事事件を扱う件数が多く、担当検察官や担当裁判官の個性に応じた対応を取ることも可能であり、1日でも早く元の生活に戻れるよう最大限努力いたします。

4【刑事事件チーム】による対応!ハイクオリティ・ハイスピードでの事件解決を目指します。

弁護士法人心では、刑事事件を得意とする弁護士らで刑事事件チームを作り、刑事事件チームが当法人のすべての刑事事件を取り扱っています。

刑事事件チームでは、裁判所や検察庁との協議会の内容を共有したり、判例や事例の研究や研修を行ったりして、常にハイクオリティ・ハイスピードでの事件解決ができるように研鑽を積んでいます。

近年は、刑事分野において重要な法改正等がなされています。

刑事事件チームでは、それらの法改正や実務上の問題点についても研修を行い、最新の問題にも対応ができるようにしております。

5【分かりやすい説明】で安心を!先を見越した丁寧な説明をいたします!

今後起こりうることやタイムスケジュールなどを伝える際に弁護士に求められるものが、正確な見通しを立てることです。

正確な見通しを立てることにより、ご本人様やご家族も次の行動を取りやすくなります

弁護士法人心では、刑事事件を集中的に扱う弁護士が在籍しており、数多くの案件を扱っておりますので、正確な見通しを立てた上で、丁寧な説明をすることができます。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ