『交通事故』に強い弁護士を三重県津市でお探しの方はお気軽にご相談ください!

交通事故被害相談@津

交通事故の過失割合について

  • 文責:代表 弁護士 西尾有司
  • 最終更新日:2023年9月21日

1 交通事故における過失割合とは

交通事故の過失割合とは、発生した交通事故に対する責任の割合のことをいいます。

例えば、赤信号で停止中に追突事故に遭った場合、過失割合云々の話を保険会社から聞くことはあまりありません。

これに対し、交差点での出会い頭での事故の場合、どちらか一方のみが責任を負うということにはなりませんので、保険会社から過失割合について話を聞くことになるかと思います。

2 誰が過失割合を決めるのか

⑴ 警察官が過失割合を決めるわけではない

交通事故発生後、まずは警察に事故報告を行います。

その際、警察官から「あなたは悪くない」などと言われることもあるそうです。

ですが、警察官が過失割合を決めるわけではありませんので、警察官に「悪くない」と言われたからといって、ご自身に過失がないことにはなりません。

⑵ 誰が決めるのか

原則として、当事者双方ないし当事者双方の保険会社が協議し、合意して決めることになります。

当事者双方では決まらない場合、訴訟提起して裁判所(裁判官)が決めることになります。

3 どうやって決めるのか

過失割合を決める際、過去の裁判例を参考にします。

この過去の裁判例をまとめた冊子として、「別冊判例タイムズ」があります。

この判例タイムズから類似の事故態様を見つけ、基本過失割合を割り出し、一時標識の有無や方向指示器の有無等の修正要素を考慮して、最終的に過失割合を決めることになります。

ただ、ケースバイケースのことも多いため、過去の裁判例や判例タイムズは、あくまで参考であり、その内容に縛られるわけではありません。

4 過失割合はいつ決めるのか

過失割合は、相手方に請求したり請求されたりする損害賠償額に大きな影響があるため、示談するとき、または、示談が成立しないときは裁判手続きのときに決めることになります。

5 なぜ過失割合を決めなければならないのか

交通事故の相手方に損害賠償を求める場合、その相手方の責任(過失)割合に応じた分を請求することになります。

また、相手方からも、責任(過失)割合に応じた相手方の損害が請求されることになります。

このように、損害賠償額を確定するためにも、過失割合を決めることは重要です。

6 過失割合を間違えないように

上記のとおり、過失割合は、損害賠償額を決めるための重要な要素でもあります。

そのため、過失割合を間違えてしまうと、本来賠償されるべき金額が賠償されないということにもなりかねません。

交通事故の過失割合についてお悩みの方は、交通事故を得意とする弁護士にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ