三重県津市で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 津駅法律事務所

相続・遺言

詳細につきましては,以下の各サイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

選ばれる理由へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

遺言を書く際の注意点

1 遺言を書く際の注意点

遺言を書く際には,①ルールを厳守しなければ無効になること,②自筆で作成することは非常に面倒であること,③専門家に依頼する場合は相続税にも精通している弁護士を選ぶことなどを注意する必要があります。

2 ①ルールを厳守しなければ無効になること

自筆証書遺言には,厳格な法律のルールがあります。

例えば,本文,作成日時,氏名,加除訂正箇所をすべてご自身で書かなければなりません。

パソコン打ちして印刷して,ご自身で署名・押印しても,有効な遺言書とは取り扱われず無効になりますので,注意が必要です。

3 ②自筆で作成することは非常に面倒であること

自筆証書遺言の本文には,ご自身が譲りたいと思っている財産を正確に書かなければなりません。

不動産であれば,登記簿通りに書く方が無難ですし,預貯金は支点や口座番号を特定して記載する必要があります。

保険であれば保険会社だけではなく,契約日,被保険者,保険契約者,受取人,保険証券の番号なども記載しておく必要があります。

そして,これらすべての情報を手書きしなければならない上に,予備を作成する場合は,2~3通すべて手書きで書く必要があります。

記載内容に誤りがある場合は,当然,すべて加除訂正する必要があり,とても面倒です。

4 ③専門家に依頼する場合は相続税にも精通している弁護士を選ぶこと

  1. ⑴ 遺言書の作成は,信託銀行や一般社団法人など,弁護士等の有資格者以外の者が行っている場合もあるようです。

    これらの者は,相談にのる者自身が法律や税金の専門家ではありませんし,なかには外注先を紹介する場合もあるようで,信頼関係のできていない方に,ご自身の財産や親族間の人間関係等をすべて話さなければならなくなることもあるようですので,注意が必要です。

  2. ⑵ 弁護士等の専門家が作成している場合も,相続税に精通している弁護士を選ぶべきです。

    相続税は,相続税の特例を受けられるかどうか,特例を受けるために家族の誰がどの財産を受け取るかによって,数百万円,多い場合は数千万円以上も支払わなければならない税金が異なります。

    弁護士のなかには,税金について詳しくない者も少なくありませんので,注意が必要です。

5 相続でお悩みの方は弁護士法人心にご相談ください

弁護士法人心津駅法律事務所は,津駅からすぐの場所にあり,津の方はもちろん,三重県全域からご相談いただいております。

相続についてお悩みの際は,弁護士法人心津駅法律事務所にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

遺言作成も弁護士にご相談ください

このページは,三重にある弁護士法人心津駅法律事務所の「業務内容について(個人の方)」の項目のうち「相続」についてのページで,相続についてご説明させていただいています。

個人のお客様の法的トラブルには様々なものがありますが,その代表的なものとして相続問題というものがあげられます。

相続問題は,必ず誰にでも生じるものであり,不動産や銀行預金といった積極財産だけでなく,借金のような消極財産もその対象となります。

相続問題には,主なものとして,遺言の作成と遺産分割のトラブルの2つがあります。

この二つの問題は,前者が相続をする側の問題であり,後者が相続を受ける側の問題という点で大きく異なります。

遺言の問題は,相続人が複数いる場合に,それぞれの相続財産を被相続人が指定できるものです。

指定することによって,相続人間の無用な争いを予防することができるため,相続トラブルを起こさないための方法として非常に有用です。

適切な遺言を作成するためには,税金の問題も生じることから,法律上の知識だけでなく,税法の知識も必要となり,相続を得意とする弁護士に相談する必要があります。

弁護士法人心が所属する心グループには,弁護士のほかに税理士も所属していますので,必要に応じて弁護士と税理士が協力して皆様をサポートすることが可能です。

弁護士法人心では,津駅東口から徒歩0.5分の津駅法律事務所をはじめ,その他の事務所も,駅のすぐそばに所在しておりますので,三重で相続に関してお悩みのある方は,是非一度ご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ