鈴鹿の方の高次脳機能障害の相談

弁護士法人心 津駅法律事務所

鈴鹿にお住まいの方で高次脳機能障害に関する弁護士への相談をお考えの方へ

高次脳機能障害が後遺障害として認定されるかどうかは,高次脳機能障害が残ってしまった方にとって大変重要なことかと思います。

弁護士法人心では後遺障害認定機関の元職員を中心に,高次脳機能障害について適正な後遺障害認定を獲得できるように努めています。

弁護士が丁寧にお話をお伺いし,サポートいたしますので,鈴鹿にお住まいの方は津駅法律事務所にご相談ください。

お役立ち情報トップ

離婚

閉じる

選ばれる理由へ業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

離婚

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

高次脳機能障害に気付くために

交通事故に遭った際,脳挫傷などのケガを負った場合は高次脳機能障害が残ってしまうおそれがありますので,ケガの経過観察をするとともに,何か変わったことはないか気にされているとよいかと思います。

高次脳機能障害は,物覚えが悪くなった,集中力が続かなくなったといった面で症状があらわれることがあります。

本人が高次脳機能障害であることを自覚しておらず,今度から気をつけようと思ってしまったり,寝不足やストレスといった他の原因を探してしまったりするかもしれません。

身近にいる方が,そのような変化に気付いてあげられるように注意していると,高次脳機能障害であるということが早い段階でわかるかもしれませんし,その後の対応も迅速に行うことができるかと思います。

弁護士法人心では,高次脳機能障害の疑いがある段階からご相談いただくことができますし,高次脳機能障害に関する適切なサポートが行える環境を整えています。

鈴鹿にお住まいの方は,ぜひ津駅法律事務所にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ