津で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 津法律事務所

相続に強い弁護士に依頼するメリット

  • 文責:代表 弁護士 西尾有司
  • 最終更新日:2022年8月26日

1 最終的な解決は弁護士によって異なる

相続では、どの弁護士に依頼するかにより、最終的な解決は異なってきます。

こうした原因の1つは、弁護士によって、どこまでの情報を得られるかが異なってくることにあります。

たとえば、相続税の申告書があったとして、どこまでの情報を得ることができるでしょうか?

相続税の申告書の第11表を確認すると、相続財産が網羅的に記載されており、個々の相続財産の評価額も記載されています。

もっとも、相続税の申告書の第11表の評価額は、小規模宅地等の特例や借地権の控除計算がなされたものであり、本来の評価額よりも減額されたものとなっている可能性があります。

また、相続税の申告書の第14表には、相続開始前3年以内になされた贈与が記載されており、相続税の申告書の第11の2表には、相続時精算課税制度によりなされた贈与が記載されています。

これらの記載に着目することにより、相手方に特別受益が存在するとの主張を行うことができることがあります。

特に、相続時精算課税制度を利用している場合には、まとまった額での贈与がなされていることが多いですので、具体的相続分が大きく変更される可能性があります。

このような情報を読み取ることができれば、不動産の評価額を争ったり、特別受益が存在するとの主張を行ったりすることができますが、このような情報を読み取ることができなければ、主張を展開する余地が限られてしまいます。

こうした情報は、すべての弁護士が読み取ることができるわけではありません。

相続税の申告書に限らず、資料からどこまでの情報を読み取ることができるか、どのような手がかりから情報を得ることができるかについては、弁護士によって大きく異なります。

この結果、弁護士によって、最終的な解決が異なってくることとなります。

2 相続に強い弁護士への依頼

相続に強い弁護士であれば、様々な資料のどのようなポイントに着目すれば、主張を展開することができるかを把握できることが多いでしょう。

この点が、相続に強い弁護士に依頼するメリットであるかと思います。

より多くの情報に着目し、より妥当な解決を目指すためにも、相続に強い弁護士にご依頼いただいたくことをおすすめします。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ